大東市で外壁塗装やリフォームの相場・お見積もりなら「お家の相談窓口」へ

お気軽にお問い合わせください

外壁塗装WALL PAINTING

外壁塗装の目的

@@@text1@@@

建物の保護

外壁を塗り替える目的の一つに、建物を保護するという目的があります。屋根や外壁は生産の過程で塗装された状態で出荷され、現場にて組み立てられています。その塗装された表面は塗膜によって雨や紫外線から建物を守っています。
しかし長年雨や紫外線にさらされると、徐々に劣化して耐久性が失われていきます。劣化が進むと防水性も失われて、水を含みやすい内部の構造体にまで影響を及ぼします。ですので外壁を適切なタイミングで塗り替えることによって建物の寿命を長くし、より快適に住み続けることが可能になります。

見ためを回復し、綺麗に

外壁の塗料や材料にはさまざまな種類があります。外部からも一番目にする部分だけに、見ためにこだわっておしゃれなものを選ぶ方も多いでしょう。外壁材の選び方次第で住宅のイメージもかなり変わってきます。
しかし長年住み続けた住宅の外壁は紫外線により色褪せたり、雨風によって汚れが付着したり雨だれの跡が黒くなったりと、せっかくこだわった外壁の美観性も損なわれてしまいます。そこで適切な時期に外壁を塗り替えることで、見ためからキレイになりお家のイメージも明るくなります。塗り替えのタイミングで色やデザインなどを一新し、我が家のイメージを変えてみるのもおしゃれです!

機能性をアップし、より快適な暮らしに

外壁塗装の目的として、建物の保護のための防水性アップや美観性の回復ももちろんですが、近年ではそれ以上の付加価値をもった外壁も登場しています。防カビや抗菌などの衛生面の向上、部屋の中の温度を保ち快適に過ごすための遮熱・断熱機能、雨や光に反応して汚れを一緒に流してくれるような美的な機能まで様々なものがあります。
このような外壁材に塗り替えることにより、今まで以上に快適な生活を送ることも可能です。

外壁塗装のタイミング

@@@text1@@@

塗料の違いによって耐用年数は異なります。また同じ塗料を使っていても、塗り方や場所や条件によって塗り替えの時期は変わってきます。一般的には10年から15年が目安になっています。
建物には塗り替えが必要な兆しが必ずありますので、ときどき壁をチェックしてみることも重要です。
強い紫外線や雨水などによって壁面の侵食が進んでしまった状態を放置すると、さらに修復費用がかさんでしまいます。

TOP戻る